2018年10月25日

いいお天気



今日は少し暖かくていいお天気。


店の前を小さな女の子とお父さんが
お話しながら手をつないで歩いていきます。






この気持ちのいいお天気の中

お客さまには
髪を切って
気持ちも軽くなって
帰っていただきたい。


楽しくなるような
優しくなるような

そんな気持ちに。



髪を切ったことで

楽しくなれる
優しくなれる

そんな一日になれば。




2018年10月12日

新鮮さ

長いお付き合いのお客様ほど

スタイルの好み
今までのスタイル遍歴
職業による身なりの規定
生活習慣
お手入れにかけられる時間
・・・etc

そのあたりがわかってくるので

お客様も多くを説明しなくても伝わったり
お任せされてもこちらからスタイル提案しやすかったりします。


それは良いことなのですが

反面

定番のヘアスタイルに落ち着きがちになってしまう。


「いつもの感じで」


もちろん
お客様とそういう関係になれることは
美容師冥利に尽きるのですが

その関係にこちらが甘えていると
お客様の心の変化に気付かず
ワンパターンの提案しか
しなくなっていることがあったり。



せっかくわざわざこのお店まで
足を運んでくださっているのだから
新鮮な気持ちでリフレッシュして帰って頂きたい。

いつものスタイルにほんの少し+αで

さっきまでとは違う新しい気持ちになって。




いつもそんな提案が出来ればと思います。

担当させていただく自分達美容師も
毎日、毎回新鮮な気持ちで
仕事に取り組んで勉強して

成長していなければ。



2018年10月1日

nest

「nest」




隠れ家

自分だけの場所

居心地のいい場所

そんな場所を準備する





これらの想いを「nest」に込めて


お客さまのヘアスタイルを通じて



そんな場所になりたい
そんな時間を作りたい





少しでも多くの方の「nest」になれるように







2018年9月17日

気分を簡単に変える方法

バッサリとヘアスタイルを変えれば
気分も大きく変わりますね。



リフレッシュしたいとき
元気が欲しいとき
思考を変えたいとき

髪を切ることをおススメします。




髪って何年もの間
毎日毎日

朝も夜も
学校でも会社でも
遊びに行った時も
家でくつろいでいる時も

自分と一緒にくっついていて
いいこと、悪いこと
嬉しいこと、イヤだったこと

全部、一緒に経験している。



そんな間柄の髪とさよならするんだから
心が変わらないわけがない・・・

きっと変わる

そう思います。




たとえバッサリと行かなくても

1cmだけ、5㎜だけ
カットしただけだとしても

床に落ちたその毛先は一番長く
自分と一緒にいた髪なのだから

またきっと新しい毛先とともに
気持ちも新たになれる。


髪は唯一、自分から切り落とせる自分自身だから。






2018年9月10日

特別な時間になるように


お客さまがnestに来ていただく来店時期も様々です。



3週間に一度カラーリング。

1ヶ月に1度カットでご家族一緒に。

2ヶ月ごとにパーマ。

半年に一度、縮毛矯正。

一年ぶりのバッサリ カット。




毎日、色んなサイクルのお客さまにご来店いただきます。




自分たちには毎日の仕事でも

お客さまにとっては数か月ぶりの時間。



忙しい中、何とか作ってくださったこの時間。

ご予約時から楽しみにしてくださっていたこの時間。




だからこそ
最良の時間になるように。




2018年8月24日

ありがとう

髪を施術して
お会計をすませていただいた上にお客さまから

「ありがとう」と言っていただける。


ありがとうと直接言葉をいただける
そんな仕事についていること

考えてみたらとても幸せなことです。




「ありがとう」という言葉

損得ではなく
相手に対して素直な感謝の言葉。

日常の中で
家族やまわりの人たちに対して
頭では思っていても
なかなか口に出して伝えられていないかも。

「すみません」じゃなくて「ありがとう」

ちゃんと言える人になりたい。



我が子には「ありがとうは?」なんて言ってるくせに。。。









2018年8月2日

髪にハサミを入れる

毎日、何人ものお客さまの髪を切ります



ロングの髪をバッサリと

長さを変えず軽くする

ボリュームを抑える

動きをつける

数ミリの毛先カットだけ






でも

その数ミリがとても大切で


スタイルはもちろん


この日この時間に髪を整えるということが

とても大切だったりすることも




その重みをしっかり受け止めて
ひとつひとつ
はさみを入れていたいと思います